HP係 仲舛盛一郎

%e3%82%bc%e3%83%9f%e7%94%9f%e7%b4%b9%e4%bb%8b_20こんにちは。森ゼミ7期の仲舛です。

私はゼミ選考の際に、大学で学ぶ意義について考えました。私が考えた意義とは、社会へのステップ。つまり、大学は通過点でしかない。そこで、私は社会に出て求められるスキルを向上されることを重視し、ゼミを選択しました。具体的に言うと、森ゼミでは、物事を論理的に考える力、多角的に捉える力、プレゼン力、そしてマナーを身に付けることが可能です。

私生活でゼミにとれる時間は限られていますが、森ゼミの課題はその時間でギリギリまとめられる範囲内だと感じています。私自身、国際政治という学問に疎いところがあるので、他のゼミ生との交流を図ることで、分からないところを補完しています。

私は、HP係を担当しています。色眼鏡を外して見ても、HPはリクルートにおいて一番重要なポストです。ゼミ生と新一年生が直接触れ合う機会が限られている中で、いかに分かりやすくゼミの、ゼミ生の良さを伝えられるのか。その手段はHPしかありません。これからも、森ゼミの顔の一端を担う責任感と戦いながらゼミを楽しんでいこうと思います。

最後に、誰もがゼミの選択で迷っていることかと思います。参考になるか分かりませんが、私が言えることは「迷ったら困難な道を行け」ということです。
私は、森ゼミで学んだ、得た、様々な経験はこれから自分の歩いていく道のりで自信や勇気をくれると信じています。