10/28

Posted on Posted in 2009年

こんにちは 10月28日のゼミ内容をします 今日は2年生による武力介入理論の報告でした ちなみに「武力介入理論」とは、かなり簡潔に言うと「なぜ大国は第三国に武力介入or干渉をするのか?」ということです
今回は以下3つの理論を発表しました 1オフェンシヴ・リアリズム(C班)
2ローグローリング(A班)
3バランス・オブ・リスク(B班)
細かく書くと長くなってしまうため、武力介入決定までの過程をポイントだけ説明します↑
まずは1オフェンシヴ・リアリズム
①国際システムにおけるパワー面の相対的優位
②介入の利益とコストを比較→“利益>コスト”の場合
⇒武力介入

次に2ログローリング(談合)
①談合連合の形成
・軍エリート
・政治エリート ←拡張に利益を見出す人々
・企業エリート
②民主的統制の欠落し、「帝国が是なり」というプロパガンダが成功
⇒武力介入・拡張

最後に3バランス・オブ・リスク
①相対的パワー、国際的地位によってその国自身のパワーや地位の“損失”を予期(利益<コスト)
②損失回避のため、介入の伴う“コスト”を受容
⇒武力介入

以上のような感じです。説明が足りないところがあるかも知れませんが、ご了承ください
この3つの理論を使って、二年生はそれぞれのケーススタディ鉛筆を進めていくことになります!どの理論も興味深くてとてもためになるゼミ内容でした!

冬合宿まで約一か月となりましたが、各自協力して頑張りましょう
パンチ!! 以上です\(^o^)/