Professor

photo_satoru-mori-casual<森 聡 (もり さとる)>

法政大学法学部国際政治学科 教授

森 聡(もり さとる)

専門は国際政治学、現代アメリカ外交、冷戦史。2008年に法政大学法学部准教授に着任、2010年から同教授。現在、内閣官房の国家安全保障局の政策参与も務めている。

1972年大阪府生まれ。小学生時分をロンドンで4年半、高校生時分を香港で3年間過ごす。1995年京都大学法学部卒業(国際政治学ゼミ)、同大学大学院法学研究科にて修士号取得(国際法専攻)。1995年の外務公務員I種試験に合格し、翌年外務省に入省。米コロンビア大学ロースクールにて法学修士号(LL.M.)取得。2001年に外務省を退職後、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程に入学し、2007年に博士号取得(アメリカ政治外交史専攻)。2006年から2008年まで東京大学大学院法学政治学研究科付属比較法政研究センター機関研究員。

2013年4月から2015年3月までワシントンDCにて在外研究。現地ではアメリカ政府機関主催の会議や米外交問題評議会、新アメリカ安全保障センター、カーネギー国際平和財団などのシンクタンク主催のシンポジウム、ジョージワシントン大学やジョージタウン大学などで講演を行う。2015年7月に中曽根康弘賞奨励賞を受賞。

現在は、オバマ政権のアジア戦略と日中関係へのインプリケーション、現代アメリカの国防戦略や対中認識についての研究を進め、日本国際問題研究所、東京財団、世界平和研究所などが組織する5つの政策研究プロジェクトの研究メンバーを務めている。また、日本学術振興会助成の科学研究費プロジェクト「1960-1970年代におけるデタントとグローバリゼーションをめぐる国際政治史」では、7人の研究者グループの代表を務め、ニクソン政権期の国防戦略とそこに作用した政治・経済要因についての歴史研究を行っている。著書『ベトナム戦争と同盟外交』(東京大学出版会、2009年)は、日本アメリカ学会清水博賞および櫻田会政治研究奨励賞を受賞。

 

%e3%82%bc%e3%83%9f%e7%94%9f%e7%b4%b9%e4%bb%8b_1

趣味はアメリカの映画(Star Warsファンでライトセイバーを12本保有)・TVドラマ鑑賞…苦手な食べ物は、生セロリとパクチー。好きな食べ物はラーメン、蕎麦、魚介類、パテ類、茸類、トンカツ、漬物など。好きな言葉=「脅されず、踊らされずに、踊る」、「十年一剣を磨く」。

 

 

 

公式プロフィールは法政大学公式サイトの教授紹介ページをご覧ください。

リンク先: http://kenkyu-web.i.hosei.ac.jp/Profiles/22/0002141/profile.html

ネット上で公開中の最近の論文>*タイトルをクリックするとリンク先に飛びます。

 

コメントを残す