【ゼミ生の日常】第二十六回 齊藤拓海 2016/10/31

Guten Tag! Mein Name ist Takumi Saito. Ich heiße auch “Stabschef”. Es freut mich, Sie kennenzulernen.
本日は、私が始めてからもう十年になろうかという、「囃子」について、お話ししたあと、面白い本をご紹介したいと思います。
まず、囃子について、皆さんはお祭りに行かれるでしょうか?もし行かれる方ならば、そこには必ず囃子の人達がいることでしょう。囃子とは、祭りにおいて太鼓や笛などで演奏している人達のことです。また、お正月に獅子舞を見ることもあるのではないですか?私はそれもやっています。つまり、1月2日の朝っぱらから、町内を、獅子を持って巡っています。私は、小学4年生から始めましたので、もう11年目になります。職業病と言えるかもしれませんが、私はお祭りに行くと、囃子がどう叩いているか?曲調はどんなか?ばかりに気をとられています。

 

20433
さて、くだらない話は、右から左に受け流して、私のお気に入りの本をご紹介します。いくつもあるのですが、ゼミでも役立つものを挙げたいと思います。

その本は、ケネス・ウォルツの「国際政治の理論」です。これは、ネオリアリストの代表格である著者の代表作と言えるのと思います。内容は、読んでからのお楽しみにということで、ここでは言及しませんが、この本は構造とは何かを知る上で有益です。私も未だに使っています。私は、物事をまず構造から考えるようにしているので、この構造を正確に把握することは重要になってきます。そのため、大きな課題(ゼミペーパーなど)に取り組むときは、まずこの本の四章を読みます。

20430

皆さんも是非読んでみてください。勁草書房さんから税抜き3800円です。

【ゼミ生の日常】第二十五回 小林牧歌 2016/10/27

みなさんこんにちは!森ゼミ七期生の小林牧歌です!
僕の名前はボッカって読みます!
多分日本に一人しかいないんじゃないかと思います!笑

1477543031492


一年生のみなさんもうすぐゼミの見学が始まりますね!!
僕は最初どのゼミに入ったらいいか全然わからなくて迷っていました。
でも森ゼミの見学に行ってみたら授業の内容が面白くて入りたい!!と思いました!みなさんもぜひ来てみてください!


自分は最近映画にはまっています!!特に自分が楽しみにしている映画は[ハリーポッター]の最新作です!!
ハリーポッターは自分が初めて見た映画なのでとても大好きです!
一年のHOPで行ったイギリスでハリーポッターの撮影地に行き一本8000円の馬鹿高い魔法の杖も買いました!!笑
それくらい好きです。

1477543032950


最近は毎朝1限の時は総武線の駅に魔法学校に続く道はないかと毎日探しています。
将来はイギリスで働きたいですね!笑

 

【ゼミ生の日常】第二十四回 岡安千夏 2016/10/21

こんにちは😊森ゼミ6期生の岡安千夏です‼

最近はやはり大学3年生ということでもっぱら就活準備です。

私は公務員を目指しているので、ダブルスクールをしながら毎日勉強しています!

正直今は講義を消化するのに手一杯な状態ですが、新しい知識を吸収していくのは本当に楽しいです♪

%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%96%e3%81%84

そして勉強をするとお腹が減ります(笑)

私が森ゼミの海外研修で東南アジアの国々〈インドネシア・タイ・ミャンマー〉に行ってからずっとはまっているのが『Ethnic Food』です✨

独特の香辛料と野菜たっぷりのヘルシーさがperfectで、おなか一杯食べても罪悪感ナシです👌(笑)

 

%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%8c%e3%83%bc

 

そして最後に、これから直近のゼミのイベントとして京都での合同ゼミがあります!!

他の大学のゼミと触れ合えるまたとない機会ですので、もちろん勉強もしっかり励みますが、紅葉の京都を存分に満喫してくる予定です😍私は抹茶が大好きなので、抹茶スイーツを堪能してきます☆彡

 

%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b1%e3%81%b5%e3%81%87

ゼミの全体像について

Q1.ゼミの全体像はどのようなものですか?
A.以下の図が年間を通して活動の全体像です。上に挙げたような能力を、ゼミの仲間と楽しみながら切磋琢磨して養ってもらうために、教室で実施するゼミだけではなく、それ以外にも、役に立つゼミ活動(オレンジで図示)を設けて、学外で刺激を受ける経験も積めるようにしています。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891
社会人実務家との懇談会」というのは、一学期に2回ほど、ゼミが終わった後の19時頃から21時頃まで、社会の第一線で活躍するプロフェッショナルをお招きして、具体的な日々の仕事の内容や、その職業を目指す際にアドバイスなどをもらうというものです。3年生の終わりに向けて、就職先を具体化していくのに役立ててもらうための企画です。
「京都の大学との合同ゼミ」というのは、11月末に1泊2日で京都に出向き、現地の大学で外交や国際政治を学んでいる学生の皆さんと合同でゼミを実施する企画です。2016年度は、龍谷大学の日本外交を学んでいるゼミ生さんたちと、「アメリカ次期政権と日米同盟の今後」といったテーマで合同ゼミを行う予定です。紅葉の時期ですので、土曜晩に合同ゼミと懇親会を終わった後、ライトアップされた寺社仏閣を巡りながら夜の紅葉を見学し、翌日午前から昼過ぎも京都観光をしてから新幹線で帰京します。
「海外自主研究旅行」というのは、<2年生の有志>が年度最後の春休みに、自分たちでテーマを決めて、外国に2週間ほど調査旅行に出かけるというものです。2015年度は、3つのグループに分かれて、東南アジア諸国に出向き、各国のローカルな一般市民の人々が台頭する中国をどう見ているか、中国の周辺国進出の実態を視察してきました。インドネシア、タイ、ミャンマー、マレーシア、スリランカ、ベトナムなどに出掛けました。2016年度は、アメリカに調査旅行に出かける予定です。専門家や大使館とのアポイントを取ったり、現地での交通機関の手配、シンポジウムなどへの参加など、実務的な経験を積む良い機会となっています。

ゼミの目標について

Q1.ゼミの目標は何ですか?
A.森ゼミの目標は、2年間かけて、現実に存在する具体的な問題を解決する能力を高めることにあります。
Q2.ゼミでは、ゼミ生にどのような能力を身につけさせようとしているのですか?
A.社会に出てから必要になる能力を、できるだけ幅広く身につけてもらおうと考えてゼミを設計しています。そこには例えば、以下のような能力が含まれています。③や④は、抽象的なので、少し分かりにくいかもしれませんが、要するに壁(問題)にぶち当たった時に、自力でその原因が何なのかを考え、そこで打つべき有効な手とは何かを具体的に考える能力を指しています。
①物事を論理的に考え、他人と議論を交わす中で、何が問題かを速やかに見抜いて指摘する能力
②自分の伝えたい事を、聞き手が理解しやすい方法で伝達したり、プレゼンテーションする能力
③ある現象を複数の角度から捉え、その原因について複数の仮説を速やかに立てられるようになる能力
④個人の直感と主観的な思いつきだけに終始する非科学的で一般的な印象論に囚われずに、科学的な知見や方法を駆使して、物事の原因に関する複数の仮説を相対評価して、現象の背後に作用する原理を見抜く能力
⑤抽象的で全体的なものの考え方も、具体的で緻密なものの考え方も出来るようになる能力

公開ゼミについて 最終更新日2016/11/12

森ゼミは、11月に2回公開ゼミを行います。

公開ゼミでは、ゼミ説明会とは別バージョンの説明会を行います!

また、ゼミ生と実際に議論に参加できたり、懇談することもできます。

ぜひお越しください!

【日時】

11/15

4限 公開授業

5限 ゼミ説明会

11/22

4限 ゼミ説明会

5限 公開授業

【場所】

富士見坂校舎3階 F301

 

森ゼミに少しでも興味のある方は、是非足を運んでみてください。お持ちしております。

質問がありましたら、 moriseminar2016@gmail.com まで。

【ゼミ生の日常】第二十三回 櫻井祐希 2016/10/13

こんにちは!7期生の櫻井祐希です。

みなさん、夏休みも終わり、授業が本格的に始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は2限でさえも危うい毎日を送ってます笑

そして!この時期はゼミを選ぶという大事な時期ですね。みなさんはもう入りたいゼミは決まりましたか?
ここで少しだけ、森ゼミの話をしたいと思います!恐らく、森ゼミは少し硬いイメージがあったり、こんな俺、私が入ってもいいのだろうか。と思ってる方もいると思います。私もそう思っていました。
しかし!!森ゼミはそれぞれが自分の目標を持って進むことができ、それを実行できる最高の環境が整っています。私が入る前のイメージとは大きく違い、とても明るく話しが尽きない、とても楽しいゼミです。
そして私はIrishに入っていて、サッカーしたり、遊んだり、飲んだり!と大学生活を楽しんでいます!こんな私でも森ゼミという環境で目標に向かって頑張れています!

s_5036081214911
『やりたいことは森ゼミだけれど、環境が合うかは分からない。』と思ってるみなさん!
ゼミ説明会や公開ゼミに是非、足を運んでみて下さい!!きっとマイナスな考えがプラスに変わると思います。

ここまで読んでくれてありがとうございました!公開ゼミや説明会でみなさんと会えるのを楽しみにしています!

【ゼミ活動】外国人若手研究者の方々との英語ディスカッション

10月11日のゼミでは、アメリカ国務省のプログラムで来日したPacific Forum CSISの皆さまをお迎えして、「日米同盟の今後」をテーマとした、英語ディスカッションを行いました。

ゲストは、ハワイを拠点とするアメリカの外交・安全保障シンクタンク”Pacific Forum CSIS”のエグゼクティブ・ディレクターであるブラッド・グロッサーマンさんを始め

同シンクタンクの若手育成事業”ヤング・リーダーズ・プログラム”に所属している研究者であるローレン・ディッキーさん、エリック・フレンチさん、井形彬さん、ミハ・フリベルニックさんが来校してくださいました。

168


初めに、5人のゲストの方々から現在の研究分野についてのお話をしていただきました。

ディッキーさんは、ロンドンのキングス・カレッジのWar Studies学部とシンガポールの国立大学の政治学部の博士課程に在籍しながら、中国と台湾の関係を研究しておられます。これまでにも外交問題評議会という超名門シンクタンクで調査員の経験を積まれ、ロンドン大学の東洋・アフリカ研究院で修士号を取得されるなど、多彩な経験をお持ちです。ディッキーさんは、日本が台湾との間で今後どのような安全保障協力をすべきかについてお話くださいました。

フレンチさんは、アメリカのシラキュース大学のマックスウェル・スクールという公共政策大学院の博士課程に在籍しながら、アメリカン大学で教鞭も執られたこともあります。ご専門は、日米中のグランド・ストラテジー論で、今回は、海洋進出する中国に日米がどのようなアプローチで臨むべきかについてお話くださいました。

フリベルニックさんは、ロンドンに拠点を置く戦略予測を行う企業Verisk Maplecroft社にお勤めで、日本の安全保障政策や東南アジアにおける海賊問題などを専門に研究されてきました。フルベルニックさんも、やはり南シナ海や東シナ海の海洋問題に関連して、安全保障協力を制度化していくべきとのお話をしてくださいました。

井形さんは、慶應義塾大学の博士課程に在学中で、米ジョージタウン大学やコロンビア大学への留学経験をお持ちの方で、日本の安全保障政策や日米関係、東アジアの国際関係などをご専門とされています。井形さんからは、日米協力の中長期的な姿とはどのようなものなのかということについて、宇宙協力という視点からお話をいただきました。

027

 

その後、若手研究者の方々がゼミ生のグループにそれぞれ入ってくださり、ゼミ生からの日米関係についての質問とディスカッションが行われました。

ゼミ生からは、現在ゼミで行なっている日米関係や対中政策についてなどの質問が積極的に行われ

様々な場所で研究をしていらっしゃる研究者の方の観点が加わったことで、普段のゼミ活動で行われるものよりも内容の深まったディスカッションになりました。

若手研究者の方々はとてもフランクで、初めは緊張していた私たちゼミ生もリラックスして楽しくディスカッションを行うことができました。

111

ディスカッションの内容は3年生のゼミ論や2年生のゼミペーパー、11月に行われる合同ゼミにも大いに役立つ内容になったと思います。今後もゼミ活動をもっと頑張ろうと思えた1日になりました。

今回パシフィック・フォーラムの皆さんは、アメリカ国務省の後援により来日されたということもあり、このあと沖縄や九州なども廻られるということでした。日米同盟の今後について、専門的な話題を分かりやすく伺い、理解を深められる大変良い機会となるのみならず、新鮮な知的刺激を受ける大変ありがたい機会となりました。

最後に来校してくださったパシフィック・フォーラムの皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

2016年度ゼミ秋学期シラバス

2016年度演習「国際政治学」シラバス                   ver. 09/19/16

国際システムにおける権力移行と平和的変更の可能性と限界

(火曜4・5時限/F301教室)

森  聡/80年館910号室

smori@hosei.ac.jp

 

【班分け】 ※毎回授業開始時に教室内のテーブルを6つの「島」に並べ直し、班毎に着席

A班 畝岡、羽賀 小原、小川、半田
B班 高田、鈴木、荘司 佐藤、安藤
C班 阿部、齊藤拓海 冨永、諏訪
D班 櫻井、山縣、樋口 松岡、大橋
E班 神澤、仲舛、小林 竹谷、宮崎
F班 吉田、齋藤開 大矢根、岡安、兼田
 

【秋学期のタスク】

その1 文献報告と議論(各班)
  • 秋学期は、大国間のパワー変動にまつわる国際政治理論などを中心に学ぶ。
  • 担当班は、課題文献(次頁に記載)について次の二つのタスクを実行する。
  • 課題文献に関するレジュメを作成し、ゼミで配布する。
  • 分担者ごとに体裁が異ならないように、班内でレジュメのフォーマットを統一すること。
  • 報告担当班は、パワーポイント(PPT)を使って文献を解説する。各班は今学期2回報告する。
  • 報告時間は30分を目安とする。班内でスライドの体裁を統一すること。
  • PPTのスライドを印刷したものを、ゼミで教員に1部配布、終了後にPPTファイルを全員に配信。
  • ゼミで課題が出された場合には、翌週までに、A4一~二枚程度で考察・分析・意見・疑問点等を文章形式(箇条書きの単なるメモは不可)でまとめる。1部を教員に提出し、もう1部を手持用にゼミに持参する。理由なき課題の提出遅延等にはペナルティを科す。
その2 ゼミ・ペーパーの執筆(2年生
  • 2年生は、年度末にゼミ・ペーパーを提出する。(※原則としてA4で6枚以上
  • ゼミ・ペーパーの論題は、以下のいずれかを選択。
A)「東アジアにおける、いわゆる『二重のヒエラルキー』構造下において、中小国がとっている戦略とはどのようなもので、なぜ類似の構造下にある中小国が、異なる戦略を採用しているかを、仮説と事例を用いながら説明せよ。」

B)「パワー変動期の大国間関係を説明する理論的枠組みを3つ以上挙げ、その内容を詳しく説明しながら、その問題点を指摘せよ。次に、右で取り上げた3つの理論的枠組みとは異なる、独自の理論仮説を提示して、それを用いて今日の東アジア国際政治を説明せよ。」

その3 ゼミ論文の執筆(3年生
  • 3年生は、年度末にゼミ論文を提出する。
  • 論文の骨格となる研究計画を作成し、秋合宿(3年生のみ)で発表する(報告時間は20~30分を目安とする)。研究計画は、①問題の所在、②先行研究の検討、③自説の説明、④実証(どのようなデータ・根拠材料で自説を証明するか)、⑤結論、を箇条書きでA4一~三枚で用意する。これとは別に、参考文献リストを添付する。
 

【日程】
  課題
9/20 休講(夏合宿振替日)
9/27

 
・  合同ゼミの準備作業に関する打ち合わせ(全体)※座席は2年と3年に分かれる

・  リクルート活動の打ち合わせ(2年生) ・海外研修報告会の打ち合わせ(3年生)
10/4

 
<現代アジアにおける大国間政治の問題>

・   Hugh White, “Can Asia break free of great-power Dynamics?” East Asia Forum, March 27, 2016, available online.(短評記事)

※全員が読んできて、ディスカッションする/各自で上記オンライン記事を入手
10/11

 
<アメリカ一極優位の行方>

・   Stephen G. Brooks and William C. Wohlforth, “The Once and Future Superpower,” Foreign Affairs, May/June 2016, pp.91-104.

※全員が読んできて、ディスカッションする/サブゼミでの事前学習を勧奨
10/18

 
<平和的変更・権力移行・覇権戦争の理論>

※3年生によるプレゼンテーション/各文献のエッセンスを20~30分程度で解説/

昨年度使用したPPTスライドを使い廻して差し支えない

・   E・Hカー、『危機の二十年』、「第13章 平和的変革」

・   A.F.K. Organski, “Chapter 14 The Power Transition,” in World Politics 2d ed.

・   Robert Gilpin, “Chapter 5 Hegemonic war and international change,” in War and Change in World Politics.
10/25

 
・   前回の課題に関する議論

<ツキジデスの罠-その1>

・   ナイ・ウェルチ『国際紛争』第1章(A班)※特にペロポネソス戦争を詳解されたい
11/1

 
・   前回の課題に関する議論

<ツキジデスの罠-その2>

・   Graham Allison, “The Thucydides Trap: Are the U.S. and China Headed for War?” The Atlantic, September 24, 2015, available online. (B班)※各自で入手

・   Joseph S. Nye Jr. “Inevitability and War” (C班)
11/8

 
準備日(2年生=公開ゼミ、3年生=研究計画)
11/12(土) 秋合宿(3年生のみ)研究計画の発表 学生によるゼミ説明会(2年生対応)
11/15

公開ゼミ
・   4時限 <ツキジデスの罠>に関するプレゼンと議論

・   5時限 ゼミの説明
11/22

 
・   合同ゼミの準備
11/26(土) 龍谷大学との合同ゼミ
11/29

 
休講(合同ゼミ振替日)
12/6

 
・   前回の課題に関する議論

<平和的変更の歴史的事例と覇権戦争論の妥当性>

・   Charles Kupchan, “Benign states and peaceful transition” (D班)

・   Jason Davidson and Mira Sucharov, “Peaceful power transitions: The historical cases” (E班、F班)

・   William Wohlforth, “Hegemonic decline and hegemonic war revisited”(A班、B班)
12/13

 
・   前回の課題に関する議論

<米中関係と同盟>

・   Michael Mastanduno, “Order and Change in world politics: the financial crisis and the breakdown of the US-China grand bargain”(C班、D班)

・   Charles S. Maier, “Thucydides, Alliance Politics, and Great Power Conflict” (E班)

・   Richard N. Rosecrance, “Allies, Overbalance and War” (F班)
12/20

 
・   前回の課題に関する議論
1/10

 
各自でペーパー・論文の執筆
1/17

 
ゼミ・ペーパー(2年生)/ゼミ論文(3年生)の提出

総括
 
  • スケジュール中の網掛けの日は、ゼミは実施しない。
  • ゼミ選考関連
学生によるゼミ説明会は、おそらく11/12(土)午後開催。ゼミ公開期間は11/14―28、1年生の志望票の提出期限は11/28を予定とのこと。

 

【以上】

【ゼミ生の日常】第二十二回 神澤也実 2016/10/10

こんにちは、7期生の神澤也実です。
みなさん夏休みはいかがお過ごしでしたか?
わたしはサークルとゼミ両方の合宿に参加したので、大忙しでした。

そしてなんと!サークル合宿2日目にゲットしました!
ハートのポイフル!!!!!!

s_5020597471683

いろんなひとに自慢したあと、美味しくいただきました(笑)
さて、秋学期が始まり、森ゼミもリクルートにむけて本格始動しています!
わたしはゼミのリクルートを担当しています。
公開ゼミやゼミ説明会に向けて、1年生に森ゼミの魅力を少しでも知ってもらえるよう、試行錯誤の日々です!

掲示板の森ゼミコーナーは、ちょっとした工夫が施されていて面白いです。ピロティ下を通る際はぜひ注目してみてください(笑)

ここまで読んでくださってありがとうございました。
これからのゼミ選考時期、みなさんに会えるのを楽しみにしています。