6回目だよ

冬合宿2日目(12月21日Sunday)の授業内容をUPします
前日に引き続き理論をCS毎に検証した後、理論の総括に入りました。

アメリカは将来的に中国(又はEU)に介入する可能性があるだろうか
・肯定の要素:非民主主義国家、中国の経済的急成長、核保有
→アメリカは中国に対して危機感を抱くだろう
・反対の要素:グローバリゼーション、相互依存
→中国が経済成長をすればするほど米中間の相互依存は益々高まる

〈POINT〉脅威を感じない相手に対してはBalance-of-risk理論は発動しない

アメリカは常に敵を欲するのか
自分と比較する相手(=敵)がいることで初めてアメリカは自身のidentityを定義できる
・冷戦期の敵:ソ連
・ソ連崩壊後の敵:日本!? →しかし、明確な敵は存在せず
・9.11後の敵:テロ支援国家

アメリカはどのように単極構造を維持しようとするのか
ソフト・パワーを行使することで反米感情を静める

3つの理論をそれぞれ検証をしてみて、個人的にはOffensive Realismの利益とコストの比較が難しかったです。この理論は国際要因でありながらも、利益とコストのどちらに比重が置かれるのかは当時の政策担当者の個人的見解に依るところが大きいと感じました。

合宿お疲れ様でした 一泊二日でしたが凄く濃かった気がします もうすぐ2008年も終わりですね HAVE A HAPPY NEW YEAR!!

5回目だよ

今回は12月19日・20日に開催されたゼミ合宿です
合宿では、アメリカが冷戦期武力介入した事例(CS)を理論で分析し、CS毎にどの理論が当てはまるか、当てはまらないか整理していきました
Ⅰ L.R.theory
CSアンゴラの場合を除いては、この理論の可能性がありそうでしたね。特に、石油などの貴重な天然資源が介入先の国にあった場合、その可能性は高いです。
アンゴラを含めた各CSで、引き続き調査しましょうとのことでした。

Ⅱ Offensive Realism
この理論も引き続き調査の必要性ありです。
政策者がどのような利益とコストを考えていたかが重要だと思われます。

Ⅲ Blance-of-risk theory
CSドミニカの場合を除いては、この理論の当てはまる可能性が高いですね。この理論では、将来の見通しについての詳細がポイントだと感じました。
ドミニカを含めた各CSで、Out line完成に向けて調査していきましょう。

夏合宿では、冷戦はイデオロギー対立というイメージが濃かったですが、理論で介入を検証してみると、談合・利益とコスト・パワーなど、現実的な介入要因が見えてきます!
冷戦では、様々な干渉・介入が行われたので、イラク介入や他の事例を研究する上でも冷戦史を研究することは重要ですね
難しいけれど
夜は、先生のお誕生日会&飲み会でした 楽しかったね!
ずっと笑ってました
さっぽろはさむいです
次は、合宿・後編だよ

4回目だよ

先週の木曜日の授業内容をUPです
C班の担当で、内容は国際社会の相互依存についてでしたね☆

グローバリゼーションとは現代世界の相互依存ネットワークのことで、特に今日の情報革命を経て、相互に連動するネットワークはより素早く・より厚くなっています。

相互依存
物理的現象: ①自然
社会的現象: ②経済
③政治
④認識

相互依存は上記の四つの次元に分けられます。
一番身近な経済的相互依存をとりあげると『ゼロ・サム状況』-相手の損失が自分の得になるものと、『非ゼロ・サム状況』。.ポジティブサム-両者が得をする 「.ネガティブサム-両者が損をするものがあります。

国家は相互依存から生まれる絶対的利益に関心を持つよりも、競争相手が得るであろう相対的利益により自国が受ける被害により関心を持つことがあります。何故なら相対的利益では二国間の損得に差があることが前提で、その利益の差が段々と問題になるからです。
国際社会の抱える大きな課題ですよね
国際政治学的には、この相互依存による影響を国内問題と外国問題のどちらに位置づけるのかもとても重要です。

ナイの著書であるこの『国際紛争-第6版』が近いうち改訂され、この相互依存の章が大幅に増えるだろうとのことでした。現在進行形の内容でわかりやすく興味深かったです
次回は、いろいろあったね ゼミ合宿!!笑

ではでは CHAO

第3回

こんにちわー★
ブログとしては第3回目、12月4日のゼミの報告です 遅くなってごめんなさい↓↓

この日はB班担当で『国際紛争』第6章の発表でした。

〈アメリカの武力行使の正統性〉

① 国連安保理(P5+4ヶ国) 例:1991年の湾岸戦争
② 同盟            例:1999年のコソヴォ紛争
③ 有志連合          例:2003年のイラク戦争

アメリカが他国の意志を尊重した場合には安保理での決議に従い、
自国の意志を尊重した場合には有志連合という形で介入するという話でした。

アメリカが他国の意志を尊重するかどうかで、
秩序の正統性が決まってくるということですね。

12月11日のゼミは休講でした 次回は2008年最後のゼミですね!!
冬合宿も近いし、寒さに負けずがんばりましょっ^ω^

第2回

第2回ですヒラメイタ!
今回は冷戦期の米の重点防衛と外縁防衛について。

重点防衛とは、米にとって重要な地域(西欧や日本)に対してのみ介入すること。
外縁防衛とは、全ての地域(ベトナムなど)に介入していくこと。膨大な支出を要する。

冷戦初期は重点防衛であったが、NSC-68によって外縁防衛へと変化しました。

授業の最後に、核兵器に関する話がありました。はたして全ての国家が核兵器を持つことが安定につながるのか?二極安定論と多極安定論です。
いつかこれについてもディベートしてみたいですね。

もう12月になってしまいました。相変わらず財布が寒いです雪
今日はB班の発表!頑張れ~^o^


初〜♪

どーも、記念すべき森ゼミ初のブログ投稿です。今回はゼミ長、横田が担当します。

今日(11月13日)に学んだのは、外交政策の3つの理論です。
簡単に、紹介しておきます。

外交政策の3つの理論

Ⅰ. Logrolling theory of imperialism
⇒指導者は、特定の国内刺激の合理的な対応として、拡張することに利益を見出す集団により、過剰に拡張主義的な政策に至る傾向がある
Ⅱ. Offensive realism
⇒指導者は、国際的な機会とパワー増大に対する合理的な対応として、拡張のコストより利益が上回ると判断した際、拡張主義的な政策に至る傾向がある
Ⅲ. Balance-of-risk theory
⇒指導者は、国家の相対的なパワーが低下した時か、国家の世評が低下した時、

今後の予測を行い、リスクに対し回避的になるか受容的になるかにより、拡張主義的な政策に至る傾向がある

森ゼミはA,B,C班の3つの班に分かれて活動しています。今回の文献は、先生が「大学院レベル」と言われるほど難しかったのですが、各班上手くまとめられていたのではと思います。皆さん、お疲れ様でした。終わった後ちょっと飲みすぎましたが…笑

というわけで、これから毎週ゼミ生が一人ずつ担当してブログ更新していきます。
よろしくお願いしまぁーす