2012年5月

2012年
5/24 サブゼミ議事録

今回は、①リアリズム      ②リベラリズム      ③コンストラクティヴィズムの三大基本理論の復習として、 「中国の軍事費増大」という事実から、二つの理論の視点を組み合わせて、どのような見方・推測が立ち得るのかを検 […]

続きを読む
2012年
5/17 サブゼミ議事録

文責:森田 二回目のサブゼミではリアリズムについて要点を全体確認し、残りの時間をチューター制に充てました。 タイムテーブル ①参考文献の正式表記について説明(10分) ②リベラリズムについて要点を確認(20分) ③休憩( […]

続きを読む
2012年
5/15 本ゼミ議事録

文責:下田 攻撃的リアリストと防御的リアリストの立場からみた東アジア情勢の今後について、各班が発表しました   A班 ・攻撃的リアリズム 中国:覇権の獲得 アメリカ:覇権の維持 ⇒両国の勢力圏で衝突 結論=エス […]

続きを読む
2012年
5/10 サブゼミ議事録

(文責:古谷、森田) 初回のサブゼミでは、リアリズムについて全体で要点を確認し、その後二年生と三年生一人ずつを組にしてチューター制とし二年生の疑問・相談を消化する機会としました。 タイムテーブル ①レジュメの書き方のアド […]

続きを読む
2012年
5/8 本ゼミ議事録

(文責:下田、森田) 〇無政府世界=混沌ではない。無政府であっても秩序は有りうる。   国内と国際における大きな違い。    →正当な暴力が独占されているかいないか。    ・・・国内ならば政府が暴力を独占している。Ex […]

続きを読む
2012年
4/24 本ゼミ議事録

文責:下田 先日のRobert Kagan氏とChristopher Layne氏の論文のプレゼンから、各班がそれぞれまとめて独自の意見を出し、発表しました。     A班 経済的な衰退は避けられない  →多極化へ Bu […]

続きを読む