2011年11月

2011年
アハティサーリ氏講演の要旨・感想

文責:古谷 アハティサーリ氏はまずご講演の始めに、「最近の研究において、和平調停のプロセスの中で、実効的な調停を行っていけば和平合意に至る確率は飛躍的に高まることがわかっている」と述べていました。そして、和平調停における […]

続きを読む
2011年
11/22 本ゼミ議事録

2011/11/22(火) 担当:川口 課題   Q, 中国は既存秩序に取り込まれるのか取り込まれないのか? 取り込まれるとしたらどういう形で、その結果どうなるのか? 取り込まれないとしたら中国はどうやってその秩序を改変 […]

続きを読む
2011年
11/15 本ゼミ議事録

2011/11/15(火) 担当:川口 文献報告 担当C班 『Is China a status quo power?』 Alastair Iain Johnston International Security. Vo […]

続きを読む
2011年
11/8サブゼミ議事録

夏合宿でのケーススタディ発表後、東南アジア及び太平洋の国々が対中・対米外交において バランシング―ヘッジング―エンゲージメント―バンドワゴン A――――――B――――――C――――――D――――――E  どの段階にあるの […]

続きを読む
2011年
11/8本ゼミ議事録

11/8の本ゼミ議事録になります   先週の先生からの課題 Aaron Friedbergの文献内にて提示された6つの視点と、3つの分析手法をもちいて中国が平和的台頭の可否を論理的に組み立てよ に対する各班の用意した回答 […]

続きを読む
2011年
11/1 本ゼミ議事録

2011.11.11(火) 記事報告 議事録 担当:川口、森田   〇アメリカに関する時事問題報告  使用した記事 『米、ASEANに接近 国防長官 初会合 安保で結束狙う』(2011.10.25朝日新聞) ≪記事内容≫ […]

続きを読む