【ゼミ選考試験直前!ひとことアドバイス】 2018/11/28

   

11/26(月) 17:00をもって、ゼミ出願が締め切られました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

森ゼミでは10期生を決定するための選考試験を12/1(土)3・4限にS301教室で実施します。(詳細は当HP内「森ゼミ受験者の皆さんへ」または法学部HPを確認してください)

★以下、ゼミ生(9期生全員)からのひとことアドバイスです。みなさんの参考になれば嬉しいです!

ブレない軸と熱意を忘れずに。何事もなるようにしかなりません。お話するのを楽しみにしています♡(大平真紀)

・当日の会場には、仲の良い友達もいれば全く知らない人もいて、森ゼミ受験者の数に圧倒されるかもしれません。ただ、選考でする事はただ一つ、いかに自分が森ゼミ10期生に相応しいか、ということを証明することです。そのためには、背伸びをしたって仕方ありません。丸裸の、ありのままの自分でぶつかってきてくださいね!やることはただそれだけです!(野中悠平)

・自分を信じてください。本番は、周りの人たちがすごい人に見えて緊張してしまうかもしれません。でも、それはみんなきっと同じです。あまり気負いすぎず、自分らしさを発揮してほしいです。応援しています!(山口彩音)

「等身大」の自分で挑むことが合格への一番の近道だと思います!受験者が多いのでかなり緊張すると思いますが(1年前の自分もそうでした笑)、みなさんが力を出し切れることを祈っています。選考を乗り越えた10期生のみなさんとお会いできるのを楽しみにしています!(小倉直樹)

頭で考えることよりも思ったことをそのまま伝えるのが一番だと思います。とにかく自分はこんなにも魅力があるんだぞーといかに伝えられるかです!来年一緒に楽しいゼミ活動ができることを願ってます。頑張ってください〜!(高木咲子)

・1番重要なこと、それは自信です!自分が1番森ゼミにふさわしい人間であり、自分が選ばれないなら誰も選ばれないという気持ちを持ってやれば、不思議と自信も湧いてきて、落ち着いてできます!頑張ってください!(松本廉平)

・面接の時だけでもいいので自分が一番だと思いましょう!笑 自信を持って話す人には魅力を感じます!緊張しすぎず、ありのままで頑張ってください。(根本和佳)

・必要なのは、自分がどれだけ魅力ある人間か。面接官を自分に惚れさせることに尽きると思います。「自分らしく」それを表現できれば大成功でしょう!!では、またゼミでお会いしましょう〜!(石原拓海)

・選考本番は誰もが緊張しています。みんな同じ状態です。その中でいかに「普段の自分」で望めるかだと思います。面接では、先生とゼミ生が目の前にいることで緊張すると思いますが、硬くなることはありません。気負わず、ちょっとお話しに行くぐらいの気持ちでいたらいいのではないかと思います!選考を乗り越えた皆さんとゼミ生活を送ることを心待ちにしております。(上床梨々霞)

・「あなたらしく」ーそれだけを忘れないようにすれば大丈夫です。当日、うまくいかないこともあるかと思います。しかしながら、完璧な人間などゼミ生含めその場にはいません。投げやりにせず、自分が出来ることだけをやってくれれば、それでいいと思います。未来の森ゼミ10期生、あなたたちに会えることを楽しみにしています。(小池陽斗)

・素直に話すことが大切です。面接というと自分の良さをアピールする場所と思いがちです。でも私たちはパーフェクトな人を求めているわけではありません。その人の欠点も含めてこれから一緒にゼミ活動をしたいと思う一年生を歓迎します。ですから着飾らずにあなたがどのような人なのか伝えてもらえればと思います。頑張ってくださ〜い!(中嶋友香)

・僕自身も去年の面接時は緊張したのを覚えています。でも、「ここまできたんだからやるしかない、面接が終わるまではポジティブ思考でいこう」と思ったら少し気が楽になりました(笑)僕は公開ゼミに来てくれた1年生のみんなそれぞれに魅力があると感じました。なので、自分に自信をもって肩の力を抜いて面接に臨んでほしいと思います!(宮本浩揮)

 - 2018年, 新着記事