【ゼミOB・OGから1年生のみなさんへ②】(7期ゼミ長 高田萌乃さん)2018/10/28

   

新企画【ゼミOB・OGから1年生のみなさんへ】の第2弾は7期ゼミ長・高田先輩からです!

森ゼミ愛にあふれた温かいメッセージ。現役ゼミ生やOB・OGの方も必読ですよ!

 

未来の10期生へ

森ゼミ7期の高田萌乃です。今回はOB・OG紹介ということで、森ゼミ第10期の皆さんへ、メッセージを送らせていただけることになりました。声をかけてくれた8期、9期の企画者のみんな、ありがとう。また、こちらの記事にアクセスいただいた1年生の皆さん、ありがとうございます。

さて、どんなお話をさせていただこうかと考えていたわけですが、今回は私のゼミ生活をただただ徒然なるままに振り返ってみることにしました。

思えば、私は入学直後から森ゼミを目指していました。森先生が大好きで、猛アプローチして、必死に顔と名前を覚えてもらいました。そんな私が森ゼミの選考を受けたのはもはや必然的なことだったと思います。ゼミに受け入れてくれた6期の先輩方には本当に感謝しています。
ゼミが始まってからは課題やゼミ活動で毎日が充実していました。課題に慣れるまでは大変でしたが、やればやるだけ、議論が盛り上がるので楽しかったです。ゼミ活動も秋になると本格化して忙しくなりました。中でも、ゼミ選考の準備は思い出に残っています。慣れない仕事に、私はてんてこ舞いでした笑。そんな時、同じように忙しいはずの同期が仕事もらいに来てくれました。最後には私の元から仕事がなくなっちゃったくらい笑。困っている時に、何も言わなくても手を貸してくれるような同期でした。優しくて賢くて超面白い同期のことを本気で信頼しています。
3年生になると、お世話になった先輩方が去り、後輩ができました。これがまた大変なやつらでした笑。でも、かわいかったな。手がかかっても、手の焼きがいがあるから、一緒にやってて面白いんです。たまには、先輩になった彼らの話を聞きに行かなきゃですね笑。8期には、一年間信じて付いてきてくれたことに感謝しています。
森ゼミは私の大学生活の中心でした。森ゼミの7期を名乗れること、ゼミ長として胸を張って後輩と関わっていけることを心から誇りに思っています。これからはOGとして、後輩や先生の助けになりたいと思っています。

1年生の皆さん、ゼミ選び、いっぱい悩んで!悩んだ結果、やっぱり森ゼミに入りたいって思っていただけたら、私としては本当に幸せなことです。来年、森ゼミの10周年とともに、10期の皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

7期ゼミ長 髙田萌乃

 - 2018年, 新着記事